スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04 treasureさん作「ガンダム」

kyu0604-00.jpg
作品ページ

この作品への感想はこのブログ記事へお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして、アイラと申します。

ベストメカコレの1/144ガンダムとは思えない、凄くよく動くガンダムに仕上がってますねー。
自分はHGとの比較用の素組みやポーズ固定でしか作ったことが無いんですが、あのガンダムがここまで動く様になるとは、物凄く手が入ってるのがよくわかりますね。

特に手足、正面から見るとキットのイメージを活かしてるのに、膝や肘の後ろからチラ見え出来る関節の構造がたまりません。

製作お疲れ様でした!

No title

 こんにちは。
旧コン6へのご参加ありがとうございました。

 1/144ガンダムはガンプラの基本中の基本ですね!
私の記憶では、少々緊張ぎみのガンダムが思い起こされます(笑)
それがここまで可動するようになるとは!
後半のライフルとシールド構えるポージングがかっこいいです。

プラモ狂四郎は読んだことありませんが、正座できるガンダムってすごいですね!
及ばなかったと書かれていますが、十分な可動ですよ!
まったく動かなかった関節がここまで動くようになれば「もう十分」。

白が白サフのまま・・・・。
言われてもわからないです(笑)

またのご参加お待ちしています。ありがとうございました。

No title

treasureさん初めまして
まず発売当時狂ったように何体も作り倒した
このキットの完成品を久々に拝見できて眼福です(^-^)
旧キットでも外装ほぼ弄らずにここまで可動範囲を広げられるんですね
まさに目から鱗(^^ゞ
ディテ満載の最新キットもカッコいいですが
オジサンにはやっぱこれがガンダムですね(^-^)



No title

製作お疲れ様です。

1/144のガンダムは動かないという話を良く聞いてますが、上手い人がやるとここまで動くようになるのかと驚かされました。

子供の頃、誰もが一番憧れるガンダムが一番動かないという話はなんだかショックに思えたものですが、いざキットを買い求めるまでは、みんなこの作品のように自由に動く姿を思い描いていたのではないかと思います。

当時の少年たちの夢を具現化した作品に大変感動しました。

素晴らしい作品を拝見させていただき、ありがとうございました。

コメントありがとうございます。

>アイラさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
可動域を増やすことばかり頭にありましたので、おっしゃる通り関節が見えてしまうなど、今のガンプラ製作では当たり前の工作部分を少し犠牲にしました。

今まで1/144のガンダムは何回も作っては壊していますので、仇はとれたかなと思います。

これを機に、よろしくお願いします。

>はるかさん

コメントありがとうございます。
>私の記憶では、少々緊張ぎみのガンダムが思い起こされます(笑)

はい。素組すると直立不動で緊張しているガンダムですね。写真のポーズは、可動域を増やしているのだから、それが伝わるポーズはないかと考えて、あのポーズにたどり着きました。ちなみに、腕関節も前方へスイング可動します。

次回のスケコンも楽しみにしていますので、今後ともよろしくお願いします。


>A'kkiyさん

コメントありがとうございます。
やはり主役機ですので、当時皆さん買ったのではないかと思います。私も何回も作っては壊したり、後先考えずに切り刻んでしまってそのままにしてしまったことがあります。可動域は、膝関節などを新設すればもっと動くようになったんじゃないかと思います。

旧キットは安いこともありますが、自分で手を入れた分愛着がわきますし、HGUCにはない仕上がりになるので好きです。

ディテについては、今後の課題にしていきたいと思いますが、もう少しこのガンダムにもディテがあってもよかったかなと思います。

ディテなんでしょうか。ランドセルのビームサーベルが取り外せます。

今回のコンパを機によしなにお願いします。


>HIGH-GEARedさん

コメントありがとうございます。

素組した時から可動域を増やすことしか頭にありませんでした。今までの犠牲になったガンプラのお陰で可動域を外装いじらずに増やせたのかなと思います。

ちなみに、子供の頃壊したガンプラの中には、動かないのに無理に動かしてしまったものもありました。おっしゃるように、子供なら自由に動くんだろうと考えますよね。今の子供達はHGUCの可動が当たり前でしょうけど、私たちの子供の頃はこの動かなさが当たり前でしたから。

このコンパを機に、よしなにお願いします。

お初になります!
良く動くように改造されてますねぇ
私も固定よりは劇中の様々なポーズを取りたくて試行錯誤を繰り返して放置したり、しなかったりw
繰り返してます。パーツ同士の干渉で塗膜が剥がれたり色々神経使いますよね。。旧キットのバランスを保ってこの可動は驚異です。お疲れ様でした。

No title

旧キットの王道と思われるガンプラの代名詞的キットを製作されるとは!
燃え上がるような可動域の広さはお見事です。
製作お疲れ様でした。

No title

こんばんは、旧コン6へのご参加ありがとうございました!
きました、基本中の基本「1/144ガンダム」!
狂四郎のガンダムですよね~。で、僕も旧コン1で同キット作りましたが・・・
こんなに可動させられるとはっ!って思いです。
まず難物キットですもんね、それをここまで仕上げられたのはホントお見事です!
イイもの拝見させていただきました~!
次回もぜひご参加お願いしますね。

No title

旧キットと言えば!!
この名作キットですよね。
キットの良い個所を活かして、可動範囲を広げるナイスな改修です。
無理なくポーズも決まっていますね。
あの動かないキットを、よくここまで・・・

製作お疲れ様でした。

股関節みたいです

はじめまして、treasureさん完成おめでとうございます。
最近FGガンダムワンデイ制作したら稼動はしないもののきっちり立って出来の良さにびっくりしました。でも旧キットのほうがなじむのはオッサンだからですかねw
足が開くだけでみいります!シンナーアクシデントにも折れず完成していただき感謝ですー!

treasureさま

完成おめでとうございます。
78ガンダムは王道ですね~
白い塗装がとても難しいということを子供の時分に
教えてくれた懐かしくまた味わい深いキットはナイスチョイスですww
お疲れ様でした~

No title

はじめまして。
私も1/144ガンダムは何体も作ってますが、みんな固定にしちゃってます。
でも、やはりポーズはつけられたほうが楽しい!
初代ガンダムほど名場面のあるMSは無いですものね。
白サフのままって塗装ハゲにも強そうでイイですね。
製作お疲れ様でした^^

コメントありがとうございます 2

>ざっしゅさん

私も劇中のポーズが取れるのが一番だと思いますが、なかなかうまくいきませんね。パーツ同士の干渉による色ハゲは、一番神経使いますね。実は、フロントアーマーというのでしょうか、裏側を黒く塗っていたフンドシと干渉して太もも内側の色が黒くなってしまいました。

>ogashuさん

皆さんからのコメントを読んで、今更ながらガンダムが「旧キットの王道」であることに気づいている次第です。製作する時は、あまり深く考えずに手をつけてましたので。実は1/100のガンダムもあるので、こちらは王道であることを少し意識して作ろうかと思います。

>mineさん

今回は、エアブラシの洗浄中にシンナーを上半身にかけてしまって、肝を冷やしましたが何とか締め切りに間に合わせられました。狂四郎のガンダムは憧れですね。初期のガンプラはどれも難物だったと思います。それが解消されるのが、MSVあたりからと模型誌にあったかなと。。。 でも旧キットのほうが好きですね〜 昔うまく作れなかったという悔しさもありますし。

次回はディテにも気を配りたいと思います。

>イリコ・キューピーさん

イリコ・キューピーさんの作例と比べるとまだまだ及びませんが、自己満足で納得できるところには持って行けたかと思います。今後の製作には、ゴールドライタンでのアイデアをマネさせてください。

>iiba玉造マスターさん

はい、股関節をいじっています。あと写真ではあまりわからないかもしれませんが、足首も関節を新造しています。MSV以前のファーストガンダムのガンプラは難物が多いと思いますが、自分で手を入れればかっこ良くできるかなという気がしていて、手が伸びます。BANDAIには再販を続けてもらいたいですね。

>もーそーさん

白は簡単そうにみえて難しいですね。おまけにこのガンダムは成型色が白ベースになっていますので。透けないように裏面を黒く塗っているところもあります。もーそーさんの作品のように、差し色をマネさせてください。

>蘭【アララギ】さん

ポーズをつけての固定も良いかな〜と思いますが、昔想い通りに改造できなかった悔しさもあるので、しばらくは可動域を増やす製作になるかと思います。今回、アララギさんの作品のように墨入れしようかと思いましたが、筋彫りしていないため、止めました。次回から筋彫りと墨入れの課題に調整しようかと思います。

No title

treasureさん
お疲れ様です、完成おめでとうございます。
旧キットとは思えないすごい可動、
足も斜めに開いて、これだとラストシューティングも余裕ですね。
関節の丸一モールドも効いてます。
いい作品を見せてもらい、ありがとうございました。

No title

treasureさん はじめまして。
皆さんのコメントを読んでいて、
昔の記憶がよみがえってきました。
子どもの頃は、可動のことなど考えず、
ひたすら造りまくっていたことを。
ラストシューティングのポーズを
固定で造りましたね確か…。
でも、treasureさんのガンダムなら、
いけそうですね、あのポーズが。
よく動くガンダムに心から拍手です。
ありがとうございました。

No title

完成おめでとうございます。
色々と困難?があったようですが、その分、完成の喜びはひとしおでしょうね!
まさに、自分もこのキットから始まり至るという感じなので、この微妙な柔らかい
ラインはたまりません。
白サフの威力はすごいですね!ホントにこのままで十分です。
今度自分でも使ってみます(^^)

No title

完成おめでとうございます!
あの基本キットをここまで可動させてしまうとはビックリしました。
可動工作ってかなり大変だと思いますので、こういう工作が出来る方はうらやましいで鵜s。
私はキットの可動範疇か、固定ポーズが常なので。
作製お疲れさまでした。
今後ともよろしくお願いします!

No title

こんばんは。
足首の接地が素晴らしいですね。私は以前1/144のGMを作ったことが
あるのですが、足首にボールジョイントを仕込んでも、あまり動かなかった
経験があります。で、作品を見せていただいて、足アーマーの部分も切り離して
あるのを見て、ああ、こうすればよかったのねと腑に落ちました。
また、リベンジする時があれば、参考にさせていただきたいと思います。
素晴らしい作品を見せていただき、ありがとうございました。

No title

製作お疲れ様です。
旧キットの味を残しながらの可動の両立が素晴らしいです。
私は旧キットは固定でしか製作しない軟弱者なので、超絶可動を組み込める方は尊敬します。
実は現在私も旧キットのガンダムを製作しているので非常に参考になります。

No title

可動にかなり手が入っていますね。よく見るとあちこちで部品が分割されて
いてすごいなと思いました。塗りわけも結構大変なキットですが、手を抜かず
しっかり仕上げているのも素晴らしいです。
失敗にもめげず、塗装をやり直したという心意気にも感服です。

No title

>ミスターブシドーさん

コメントありがとうございます。ラストシューティング、おそらくできると思います。関節の丸一モールドは、ここに5mmの丸パイプをつけてPCの受けを作った際、径を広げようとしたら穴が貫通しかけたので、このモールドで塞ぎました。肘、膝、足首とつけたので、統一感は出せたかと思います。

>ノラさん

コメントありがとうございます。

私も何回作ったか覚えていないくらい、作りまくったと思います。プラモ狂四郎のホビートピア編を読んで、フロントアーマーの稼働を増やそうと何も考えずに切ってしまったのを覚えてます。当時の私に腕がなかっただけなのですが、今では仇を打てたと思います。ラストシューティングのポーズができたら、ブログで写真を載せますね。

>Yacchiさん

はい。シンナーをかけてしまったときは、正直辞退しようかと思いました。皆さんからのコメントを拝見すると、諦めずに良かったと思います。Mr.Hobbyの1000番の白サフなのですが、サフの上からタミヤカラーのホワイトを塗ったら、ノリが悪くて止めました。他のモデラーさんによる作例を拝見した時、白サフのままという作例を見かけましたので、真似してみました。

>ti0719さん

コメントありがとうございます。今回、他の方々の作品を拝見させていただいて、固定も良いなと考えています。旧キットだと、どうしても可動させなければと思ってしまうので。今後は、固定での製作も選択肢にいれてガンプラ作ってみようかと思います。

>園場成之さん

コメントありがとうございます。実は、1/100のガンダムを作った時、園場さんと同様足首にボールジョイント仕込んでもあまり可動しなかった反省から、足首のアーマー、スリッパを分割しています。HGUCのジムスナイパーの足首関節を参考に、足首関節を増設しました。参考にさせていただけるとは、光栄です。嬉しいですね。

>portalflowさん

コメントありがとうございます。超絶可動とのお言葉ありがとうございます。この可動域を増やすまでに、他のキットで色々と失敗しています。このコンパとは別に1/144ガンダムを製作されているとは、偶然ですね。参考になるとのこと、嬉しいです。

>KT@HGUさん

コメントありがとうございます。可動にばかり気が入ってしまい、筋彫りを一切しなかったため、塗り分けで苦労しました。シンナーアクシデントは、本当に心が折れそうになりましたが、可動に手をいれていたので何とか完成にもっていけました。酒を飲んでの塗装はご法度ですね。

No title

ガンダム歯意見しました。
正座とまではいかないまでも、かなり動きますよね。
素ではまず考えられない動きをしています。
実際に手に取ってガシガシ動かして遊びたくなりました。
ビームライフルのグリップやランドセルのサーベル差込部なども
ポロリを防ぐ工夫が良く考えてらっしゃると思いました。
狂四郎風に言うと、「人間国宝ものだぜ!」です(笑)

No title

こんちには。

あのガンダムがここまで動くようになるんですね、すごいです。
茂合岩男もびっくりです。(字違ってたらすみません)
可動に際しての調整も結構苦労されたんではないでしょうか?
外観もくずれてないし、っていうより可動と相まってテレビのガンダムの
雰囲気がでていていいです。

製作お疲れ様でした。

No title

はじめまして~!
率直にスゲェ~!というのが一つ、そしてコレだよコレ!という物凄い懐かしい感じに加え、このキットに正面切って挑んでいったtreasureさんに拍手を送らせてもらいたい、そんな心境です(笑)
自分も長い事旧キット作ってますけど、このキットだけはなかなか踏み込めない聖域と言いますか、結局子供の頃に作ったこのガンダムをいつかカッコよく作りたいが為に精進しているんじゃないかと思う時があるんですよね。
まぁそんな話しは置いておいて(笑)、可動とスタイルが両立している所に感心しています!
それでいて旧らしさをちゃんと残していて、塗装もそれにマッチしてるんですよね。
良いものを見せて頂きました。
またご一緒しましょうね。

No title

こんにちは、
凄い可動域ですね。
普通に組むだけでも難しいので、
憧れてしまいます。
塗装も、しっかりと綺麗に厚みが感じられます。
製作お疲れ様でした。

No title

>プラモ恐怖症さん

コメントありがとうございます。正座ができたらかっこ良いんですけどね。放置中の1/100のガンダムもあるので、正座はこっちでやってみたいと思います。ガンダムビームライフルのグリップは、もう少し上手くできたら良かったのですが、これが現状での最善かと思います。ビームサーベルの差し込み口は、5mmの丸プラ棒に穴をあけ、ランドセル内部にPCを入れています。まだまだ精進が必要ですね。

>やんれぷさん

名前あってますよ。可動は、ある程度完成してから腿とスネを左右間違えて差し込んだため、消した合わせ目が開いてしまうという失敗もありました。可動域を増やしても外観のバランスが崩れないように気を使いました。テレビのガンダムの雰囲気が出ていますでしょうか?もう1回作りたいと思います。

>marchanさん

皆さんからガンダムが王道とのコメントをいただき、恐縮しています。作ってから、王道だったことを実感しています。塗装はタミヤカラーの X-6(オレンジ)、X-4(ブルー)、X-7(レッド)を使っています。オレンジとブルーには、XF-15のベージュを少し混ぜて塗装しました。個人的にこのブルーとオレンジの組み合わせが好きなので。また、コンパでご一緒させてください。

>トモ☆ペンさん

コメントありがとうございます。トモ☆ペンさんのように独自の世界観が持てると良いのですが、それは今後の課題にしたいと思います。シンナーアクシデントがなければ、塗装はもっと早く済んでいたのですが。。。 塗装が厚くなっているように見えなければ、幸いです。今後もよろしくお願いします。

No title

treasureさん、はじめまして。

可動範囲がRGクラスな(旧キットの)ガンダムって初めて見ました!

私も可動範囲の拡張工事が大好きなので、あれだけ足を広げてるのにしっかり地面を捕まえているのは、足首が2重関節なんだろうか?、腕が体の正面まで稼働するのは、肩関節に秘密が?などど、見えない箇所にどれだけ手を加えているのか、想像が膨らみます。

今回見送った”正座”は1/100に持ち越しですか。完成したら是非拝見したいものです! 製作お疲れ様でした^^

treasureさん、こんにちは。

作品拝見しました。
今度新しいHGUCも出ますが、やっぱり僕はこのガンダムが至高だと思います。

可動範囲も最新キット並に改造されておられるので、すごくかっこいいですね!

自分は現在、旧キットのジムを製作していますので参考になりました。足首の接地が全然良くなかったのでカバーの分割とか真似させてもらいます。すいません…。

treasureさん、はじめまして

ワキワキ動くガンダム、憧れて何度挫折したことか…
未だに関節を仕込んだり、移植したりするのが苦手なのでこういうのは嬉しいですね~

ところでtreasureさんの地元(埼玉県羽生市)にも「コメット」という模型屋さんがあったんですね
自分の地元にもありました
群馬に来てからしばらく行かない間にお店を閉めちゃいましたが…
小学生の頃から通っていて、旧キットもいっぱい買った思い出のあるお店だったのでで、ショックでした

そんな懐かしさを感じる作品てした

お疲れ様でした

No title

treasureさんこんにちは
アニメのようにグリグリ動く旧キット、子供の頃憧れました。
固定ポーズてまプロポーションを追求するのも良いけど旧キットをフル可動で製作するのもまた楽しいですよね(^^)
ライフルを掲げたポージングもとても旧キットとは思えないぐらい決まっていて格好良いです。

製作お疲れ様でした

No title

>Orichaさん

可動範囲がRGとのコメント、ありがとうございます。

>足首が2重関節なんだろうか?
はい、スネ、アンクルアーマー、スリッパに分割して、スリッパ部分に丸BJのメスを入れて他をBJのオス部分でつないでます。スリッパは踵も動くようにしてますので、アキレス腱のストレッチもできます。

>よしごうさん

最新のHGUCガンダムをホビージャパンでみましたが、私も旧キットのほうが好きです。

足首の可動ですが、1/100のガンダムを作った時、アンクルアーマーを分割しないでBJを入れたところ足の接地がイマイチでした。その失敗から、他のモデラーさんの作例をみたり、HGUCの足首機構を参考にして今回の可動にしました。お気兼ねなく、参考にどうぞ。

>かめちーさん

もう社会人になってからは地元を離れてしまいましたが、昔お世話になったお店です。ガンプラ、スケールキット、エアーガンまで取り揃えていたお店だったのですが、閉店は残念です。知り合いから聞いた話では、閉店セールで最後に残ったプラモデルがジオングだったと聞いて、出来すぎていて笑ってしまいました。

群馬だと、明和模型がありますね。

ノスタルジーを感じてもらえたとのこと、図らずもがな嬉しいです。

>100kaiさん

私の場合、可動させようと何も考えずに切り刻んでしまって、何度も失敗しています。今回のガンダムは、その失敗からの学習した結果でもあります。今では可動範囲を増やす過程作業も楽しんでいます。

ポーズは、どうしたら可動範囲が広がっているかを見た目にわかってもらえるか考えていたら、あのポーズになりました。

これを機に、100kaiさんのブログにコメントさせてください。
プロフィール

Author:mine
「アカブの肉球」管理人

カテゴリー
最新コメント
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。