43 天人さん作品「1/100ガンダム」

03-01-07-43-0.jpg
作品ページ

この作品への感想はこのブログ記事へお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こだわりですね!

初期設定の再現からコアファイターを露出されたのですね。
私も旧1/100を作るならコアファイターは露出させようと心に誓ってます(笑)。
とにかく、このガンダム好きです!
もの凄く参考になります♪

最初、「8年間」を「8時間」と読み間違えてビックリしていたのは内緒です(笑)。

1/100ガンダムだー。

胸回りを見ると旧キットの1/100ガンダムだー、ってわかるんだけど、それ以外の部分はものすごくアップデートされていて、とっても面白いテイストに仕上がってる作品ですね。8年間モデリング、凄いですね、でもコアファイターのコクピットは露出するんですね(笑)メリハリのある塗装がアニメイメージで素敵な仕上がりだと感じました。また、とてもユニークな作品だと思いました。

どもです(^^ゞ

コメントありがとうございます~(^v^)

> やんぴょうさん
やっぱ、旧1/100ですからそこは活かさないとね(^_^;)
でないと他のキットと大差なくなってしまうので。私は天邪鬼な性格なので、他とは違う何かを付け加えたくて仕方ないんです(^^♪

>まささん
RX-78は、モデル自体も多種多様に出てるし作例はその何倍もあるので、自分らしさを出すのが、実は大変難しいプラモだと思ってます(^_^;) 面白いテイストだと感じてもらえたなら、作った甲斐があります!
コアファイターのコクピットはねぇ~、も少しうまく隠れるかと思ってたんですが、見えちゃってますねぇ(~_~) Bパーツのフンドシ辺りからカバー伸ばすようなギミック付けても面白かったかもしれないですネ。

No title

当時は、友人と1/100スケールガンダムを見ながら、腹部にカバーが有るのか、無いのかで議論した記憶が・・・

コアファイターをかなり弄っているんですね。
懐かしテイストも付加されて、面白い仕上がりですね。

お疲れさまでした。

No title

長らく放置していたキットの完成ということで、まずは完成ご苦労様です。

旧キットの制作と完成させることの楽しみを思い返されるような、興味深い内容でした。

制作が停滞していたキット再生のための、試行錯誤からは、RX-78ガンダムへの熱い想いが感じられます。
コア・ファイターむき出しの初期設定の再現と、筆塗りによるイラスト感によって、放映当初にイメージされたガンダムの姿というものが、明確に目に浮かんでくるようです。

私もいくつか放置キットがありますので、今後の制作での参考にしてみたいと思っています。

ありがとうございます(*^^*)

>イリコ・キューピーさん
腹部カバーについては、やはりみんな討議しますよね~。
絵によっても微妙に違ってたりするしσ(^_^;
コアファイターは、も少し余力があれば尾翼収納までやってみたかったところです。

>kongdraさん
私もいろんなコンペに参加させていただくようになって、「積みプラ」から「作るプラ」に成長でき楽しみを覚え、さらに、どんな形でも「完成させる」方が何倍も充実感・達成感・スキルアップを得られることを体感しております! 私自身もまだ放置キットがありますので、お互いに「完成」に向けて手を動かしてみましょう(^_-)-☆

個人的に、円盤台座の写真がうれしかった

お久しぶりです、天人さん。

ぬおっ、これって1/100ガンダムなのか?!って、妙な興奮を覚えつつ、確かに胸と肩の形状とすらりと伸びる下半身の感じが旧キットらしい。
と思っていたら、フルアーマーの中の人か!!さらにはコアファイターの伸縮改造ですと!!!びっくり仰天で製造記録をぐいぐいと読み進めてしまいました。(うわぁ~、この塗り込んだ感がとてつもなく、愛を感じます)

そうだったんですね。ガンダム腹部の2段にはコアファイターとの関係が組されていたはず。ということをアニメの動きの中で忘れ、今風デザインのカッコよさに満足してしまい、合体メカの要素を看過していた。コンペの趣旨に外れ、ふかく考えてしまいました。ありがとうございました!お疲れ様でした。

No title

作品を拝見しました。
8年越しの完成おめでとうございます!
ちなみにうちのは5年くらいです。(まだまだですね)
目指したカタチの経緯なども詳しく書かれていて
まるで模型誌の特集を読んでいるかのようです。
こだわりの工作の数々、とても勉強になりました。
あえて見せるコアファイターていうのがまた良いですね。
確かに少年時代はソレがオフィシャルだと信じてました。
塗装もまるで漆喰のような白が際立ってますね。

No title

凄まじい作り込みのガンダム!
初代1/100とフルアーマーの中の人の、
フォルムの良い部分はしっかり生かしていていますね。
途中経過の解説写真など、まるで雑誌作例のようです。
腹部から露出しているコアファイターを見ると、
何だか懐かしい気持ちになります。
製作お疲れさまでした。

うれしいです(^^ゞ

コメントありがとうございます!

>よよよさん

お久しぶりですぅ~! かなりインパクトを与えることができたようで、作った側としては満足です(^v^) そう、まだファーストガンダムは「スパロボ合体メカ臭」が残ってましたからね。Gパーツなんてその最たるものでしょう。で、そのGブルなんかを見ると、赤い2段腹の理由はもっとハッキリするんですよね。Gブルはコアファイターのキャノピーが見えてますから、昨今の、キャノピー隠しちゃう青胸カバーじゃダメなんです(^.^)

>プラモ恐怖症さん

いえいえ5年物でもたいしたもんです、というか熟成期間は本来短いほうが・・・(^_^;) 「模型誌の特集」とはうれしいお言葉です!自分が子供の頃に、 HowtoBuildGundam などかじりついて読んでたころは、そんな「読んでるだけでワクワクするような記事」が多かったような気がします。少しでもそう感じてもらえたのなら感激です(*^_^*)

>ogashuさん

実は「腹部のコアファイター露出をすると全体のフォルムが崩れないか?」というのを危惧していたんですが、胸幅縮小と腹部のバランス取りの成果で杞憂に終わったようです(^v^) 
途中経過解説、気に入ってもらえたなら幸いです(^^ゞ
まぁ、つまりは「自分はこういう模型誌の記事を読みたいんだ!」という思いの表れです。模型誌を見て、あぁ、自分でも作りたいな~と思っても、よくわからない記事の多いこと多いこと(~_~) 模型趣味活性化の一翼を担ってるはずの模型誌には、再現を目指す読者の牽引をお願いしたいところですネ(^0_0^)

No title

お疲れ様です。
カッコイイ!そう昔のガンダムはコアファイターの機首が
丸見えでしたよね。
これってどうなってるんだろうと?悩んだものです。
それを見事に再現されていて長年の悩みが消えた気がします。
ドッキングたまりませんね。
拘った頭部もかっこいいです。
完成おめでとうございます、よい作品を見せてもらいました。

凄まじい作りこみですね。

旧キットなの?と思わせるスタイル。怒涛の作りこみですね。
アニメから出てきたような配色もすてきです!

No title

コアファイターの小型化&変形構造の改修
本当にお疲れ様でした。
ガンダムもかなり男前になっていますね。
変形、合体は『男のロマン!』
それを見事に現実のものとした作品ですね。
素敵な作品を拝見することができました。
ありがとうございました。

自分も子供の頃から、お腹の赤い部分の二段目はコアファイターだとおもってました。設定画にはそのような分離図もありましたし。
アニメでは作画のため簡略化してありますが実物はもっと複雑なデザインなのかもしれません。
でも、やっぱりガンダムはこのようなシンプルな形状が一番好きですね。
自分もいつかは旧キット1/100ガンダムを大改造するつもりでいるので参考にさせていただきます。

No title

これぞガンダム!最近のディティール過多な物よりもアニメの中のガンダムっぽくて好きです(^^)
キットの悪い部分を上手く料理されていて、特にコアファイターの小型化などはとても興味深く拝見しました。
コアファイターむき出しの腹部も全然違和感無く処理されていて製作者のキットに対する拘りが詰まった素晴らしいガンダムです。
製作おつかれさまでしたm(__)m

すごいです。

凄いと思います。特に製作途中の写真にやられました。拘りが凄すぎて、目がテンになりました。

ちょっと空けてたらコメントたくさん(*^_^*)

コメントありがとうございます\(^o^)/

>ミスターブシドーさん

悩み解消の一助になれて光栄です(^^ゞ
やっぱ、合体・ドッキング!はロマンですからね!
頭部もけっこういじった所なんで、見てもらってよかったです。

>毛むくじゃらおやじさん

驚いてもらえたなら製作に拘った甲斐があります(^v^)
技術的に再現し切れなかった当時のスタイルを、今の(自分の拙い)技術でどこまで再現できるか?が、私の模型の楽しみであり苦労でありますので(^_^;)
さらに途中写真でそれを知ってもらうのが何より嬉しいのです\(^o^)/
色もそうですね。ファーストガンダムは、コバルトブルーではなくてGセルフと同じスカイブルーなんですよ~。
(コメント2件、まとめてお返事させてもらいました)

>ノラさん

写真枚数的には本来、ガンダムを多く載せるべきなんでしょうか、どうしてもコアファイターの改造箇所は知って欲しくて、ああいう画像になりました! コンだけ細かくいじって伸縮再現したのにお手軽改造と思われるのも癪なもんで(^^ゞ
男のロマンは(可能な限り・・・)妥協したくないですからね~(^v^)

>よしごうさん

「シンプル イズ ベスト」とはプラモ狂四郎で山根が言った台詞ですが、ファーストガンダムはやはりコレが一番良さげですネ。静止画ではなく動いて見栄えのするデザイン、さすがは大河原センセイです!
1/100ガンダム、完成したらぜひお披露目ください(^・^)

>100kaiさん

ディティールや装備品過多も良い物ありますが、動き=活躍場面が見えてこないMSが多くなってる気がします。思い入れの差もあるんでしょうが、ファーストガンダムは、それがありますからね~! 
コアファイアー小型化のきっかけは、翼端の意味不明な折れ角の存在です。アレを切り払って、それに合わせて主翼の収納部分のモールドを縮めていくと・・・お、胴体ウマく小さくできるんでない?と思いついて、やってみたという(^^ゞ
まぁ、ココまで切り刻むとは想定してませんでしたが、再組み立ては意外と簡単にできましたヨ(*^。^*)


このモデグラ私も持ってます。この頃から、私もガンプラ復帰しました。この後のグフの作例が掲載された号とともにバイブルですね。

モデグラの作例と同じような工作ですね。コアファイターが収納できるとは!

私も1/100のガンダムは途中まで手を入れたまま放置しているので、天人さんの作品を参考に作りたいと思います。

すごい力作!

天人さん、完成おめでとうございます。8年越しとはおそれいります。しかもなんですかあの1/100をがっつり改修されての超力作。面だしのきれいさもあいまって美しいですねー。お疲れ様でした。

No title

すごい!大改造ですね。
旧1/100ガンダムの仕様を活かした仕上がりが素敵です。
コアファイターの伸縮にもこだわり、再現してしまう工作力も素晴らしいです。
旧1/100ガンダム”だけ”がコアファイターの露出したデザインで失礼にも
バンダイの手抜きなのかと思っていましたが、初期設定がこうだったとは、
勉強になりました。
プロフィール

mine

Author:mine
「アカブの肉球」管理人

カテゴリー
最新コメント
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード