16 treasureさん作品「1/144ゾック」

03-01-07-16-00.jpg
作品ページ

この作品への感想はこのブログ記事へお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして、ガン父さんと言います。
綺麗な仕上がりですね。
僕は塗り分けとか苦手なので・・・特に旧キットは塗分けが多いですよね。
綺麗な仕上がりを見ると本当にすごいと思います。

愛着の再発見

はじめまして、treasureさん。

しっかり丁寧に塗装されたゾック、とてもキレイ。
やわらかな色合いと重量感のあるフォルムが、まさに『四股を踏ませる』につながったのでは、と思われます。自然な動きがとれるのってイイですね。ポリキャップ化やってみたいな~。お疲れ様でした!

ユーモラス

四股を踏む愉快なポーズにくすりっとさせられてしまいました。でも工作、塗装ともにとても丁寧でしっかりした完成品と思います。ゾックってかっこいいのだと再認識。

No title

初めまして。
最近、私も旧ゾックを製作しましたが、これは合わせ目がかなりひどいですよね!それをこんなにキレイに表面処理されて感心しました。マーキングのセンスも見習いたいです。
お疲れ様でした。

憧れです!

 丁寧は工作と綺麗な塗装ですね。私はtreasureさんのような工作や仕上げができませんので憧れてしまいます!

No title

こんにちは。

愛らしいゾックが四股を(笑)
完成度の高さに加えて、塗装の鮮やかさと丁寧さが際立ってますね。
HGUCと比べても遜色ないですよね。

製作お疲れ様でした。

No title

綺麗な仕上げと、ナイスな色味ですね。
新しく購入されたエアーブラシが大活躍したのでしょうか?

お疲れ様でした。

我が家にも眠っています

グリーンの調合が良い感じで旧キットと
言われなければわからないです。
デカールも良いアクセントになっていると思います。
昔は、グフやドムと言った陸戦型が好きでしたが
水陸両用も愛嬌がありますよね。
迷彩塗装もかっこいいと思います。
私は、調合が面倒になって後回しになっています。

お疲れ様です。

いゃいゃ、、このキットは我が家にもガッツリ積まれておりますw

塗装がとても綺麗だなぁと思います。
緑加減とか設定色と変わらずで良い感じに仕上がってると思います。

あと、足関節の可動はかなり頑張られたのかな?と思います。このキットが未だに積まれている理由の一つとして、足の関節可動プランが定まらないってのがありますw

製作お疲れ様でした!

No title

>ガン父さん さん

ありがとうございます。
確かに、旧キットは塗り分けが大変なものもありますね。塗り分けが難しい部分は別パーツ化する方法もあるようですが、私はよほどでない限り、そのままマスキングで塗り分けています。

その分、今までに失敗もしています。

>よよよさん

ありがとうございます。

なぜかわからないのですが、この旧コンようのキットを作っていると、何かしらの問題に見舞われています。前回は、塗装が終わったキットに薄め液がかかってしまったり。今回はエアブラシが壊れました。

色合いは、タミヤの戦闘機の胴体下色とNATOグリーンを8:2ぐらいで調合しています。粒子砲のピンクと爪もNATOグリーンを入れています。何年か前のオラザク選手権で入賞された方のゾックの色合いが見事で、その作品をイメージして調合しました。

ポリキャップ化は、旧キットの醍醐味の一つですね。


>まささん

このキットは他に弄れる箇所がない分、何か特徴ないかな〜 と思い、サフ吹いたあと試しに四股を踏ませたらできました。

このキットは意外にも合わせ目が合わないので、根気との勝負かもしれません。塗装は、間近で見られると、まだまだアラがありますよ。


>portalflowさん

仰る通り、合わせ目がドイヒーです。何回もパテを盛って研磨を繰り返し整形できたと思ったら、合わせ目が割れてきたりと、基本工作に時間が取られたように思います。

デカール類は、旧キットのリアルタイプシリーズをイメージして、イメージに合うものを貼りました。


>毛むくじゃらおやじさん

ありがとうございます。
塗装は、間近で見られるとアラがあります。工作は、パテ盛りと研磨の連続でした。ファーストガンダムの他の旧キットと比べると、目立つものがない分、きちんと仕上げなければという気持ちで合わせ目は取り組みました。意地ですね。

No title

>ガン父さん さん

ありがとうございます。
確かに、旧キットは塗り分けが大変なものもありますね。塗り分けが難しい部分は別パーツ化する方法もあるようですが、私はよほどでない限り、そのままマスキングで塗り分けています。

その分、今までに失敗もしています。

>よよよさん

ありがとうございます。

なぜかわからないのですが、この旧コンようのキットを作っていると、何かしらの問題に見舞われています。前回は、塗装が終わったキットに薄め液がかかってしまったり。今回はエアブラシが壊れました。

色合いは、タミヤの戦闘機の胴体下色とNATOグリーンを8:2ぐらいで調合しています。粒子砲のピンクと爪もNATOグリーンを入れています。何年か前のオラザク選手権で入賞された方のゾックの色合いが見事で、その作品をイメージして調合しました。

ポリキャップ化は、旧キットの醍醐味の一つですね。


>まささん

このキットは他に弄れる箇所がない分、何か特徴ないかな〜 と思い、サフ吹いたあと試しに四股を踏ませたらできました。

このキットは意外にも合わせ目が合わないので、根気との勝負かもしれません。塗装は、間近で見られると、まだまだアラがありますよ。


>portalflowさん

仰る通り、合わせ目がドイヒーです。何回もパテを盛って研磨を繰り返し整形できたと思ったら、合わせ目が割れてきたりと、基本工作に時間が取られたように思います。

デカール類は、旧キットのリアルタイプシリーズをイメージして、イメージに合うものを貼りました。


>毛むくじゃらおやじさん

ありがとうございます。
塗装は、間近で見られるとアラがあります。工作は、パテ盛りと研磨の連続でした。ファーストガンダムの他の旧キットと比べると、目立つものがない分、きちんと仕上げなければという気持ちで合わせ目は取り組みました。意地ですね。

No title

>marchanさん

ありがとうございます。
調色は、何年か前のオラザクで入賞された方の作品がゾックで、色が緑なのですが、白っぽい緑でなんとも言えない色でした。この作品の全体の色味が今でも脳内に残っていて、今回やってみました。

HGUCと比べて遜色ないとは。旧キット好きの私としては嬉しい限りです。


>イリコさん

色は、何年か前のオラザクの入賞作品、ゾックの色をイメージして調色しました。

イリコさんも以前にゾックを作られているようですのでご存知だと思いますが、合わせ目が大敵なキットでした。意地と根気ですね。

新しいエアブラシ、大活躍です。一気に塗装が進みました。ガンだけは使えるのでメテオのものをそのまま使ってます。


>カツさん

ありがとうございます。

色は、戦闘機の胴体下色とNATOグリーンを8:2ぐらいで調合しています。調合した量がなくなると再度調合しなければならないので、私も調合はあまりしませんが、今回は色のイメージがありましたので挑戦しました。

デカールは、ファーストガンダムのリアルタイプシリーズをイメージしています。


>サラートさん

参考にしたオラザクの入賞作品の色合いは、もう少し白味がはいっていたのですが、失敗を恐れて止めました。足関節は、足と胴体の接続部分に球体のPC、足首に二重関節を入れています。これくらいの稼働化にとどめておいたほうが、ゾックらしくなるかなと思います。

私にもできましたので、サラートさんもゾックを制作してあげてください。

No title

これって整形色なんじゃないかと疑ってしまいそうな綺麗な仕上がり。ついウェザリングで誤魔化しがちな身として反省しきり(-_-;)
私は当時にコイツを買った、チョコレートよりも辛子明太子の方が好きなクソガキでしたが、未だにガンダムよりゾックの方が好きな私はどうやらクソガキのままの様です( ノД`)…

No title

とても丁寧な工作、美しい塗装、とても勉強になります。
グリーン地にピンクはたいへん難しいと思いますが、ホワイトによる色調節が絶妙だと思います。
ワンポイントのジオンマークもいいですね!

王道のゾック

ガンプラブーム時は私の地域では、新製品争奪戦が勃発していて、このゾック発売の頃はかなり熱い戦いで、私はなかなか買えず、高嶺の花のイメージがあります。
なので、この設定カラーは凄く好きです♪
まさにイメージどおり!素敵です♪
ポリ化は旧キットを作る際の定番ですが、四股を踏めるほどの可動範囲を持たせてあるのは凄いです!私も見習いたいです。

No title

キットの持つレトロなフォルムを生かしたまま、とても丁寧に仕上げられてますね。
四股を踏める可動範囲の拡大はお見事です。
写真のコミカルな動きが楽しいですね。
製作お疲れ様でした。

No title

ゾック拝見しました!

ゾックの関節の可動域を上げるという発想にまず脱帽です^^素晴らしい
の一言です。
塗装も丁寧な塗分けで綺麗ですね。
キットに対する愛着が伝わってきます。

ウチのゲドにもコメントありがとうございました^^

No title

>ぱすてるあらいぐまさん

コメントありがとうございます。実物を見ると、もう少し粗い仕上がりです。まだまだ塗装は練習をしないといけいないですね。当時からゾックだ好きだったのですか。私からすると、当時から大人だったように感じます。


>蘭【アララギ】さん

塗装ではフィルターをかける手法も模型雑誌で見るのですが、私にはそこまで技術がないのと失敗を恐れて、グリーンと、ピンクに最初からフィルターとなるNATOグリーンを同じぐらいの割合で入れて調色しました。

全体気にはリアルタイプを意識しているのですが、ジオンマークはガンダム展で展示されていたゾックの絵を参考にしました。


>やんぴょうさん

当時は、ドムとかゾックは友達のお兄さんが作っていた記憶があります。そういう意味では、私も高嶺の花という言葉にピントきます。本当は頭のイメージにあるオラザク入賞作品に近づけたいのですが、それは今後の課題とします。

四股は最初から狙ったわけではないので、結果的に皆さんの目を惹くことになりました。


>ogashuさん

製作を開始してから、PC化以外は手を入れず、迷彩塗装にするつもりでした。皆さんの第三者の目からご覧になって、レトロなフォルムが生かされていると感じられるのであれば嬉しいです。四股は狙ったわけではないので、良い特徴になっていて何よりです。


>ohigeさん

コメントありがとうございます。PC化以外は考えておらず、また迷彩塗装もしていないのに、四股が良い特徴となっているようで嬉しいです。本当に、最初から四股を踏ませるつもりでPC化していなかったので、結果オーライですね。

塗装は表面処理をきちんと勉強しないといけないと思っています。

No title

作品を拝見しました。
とてもキレイなゾックですね。
丁寧な工作と塗装の賜物だと思います。
パーツの厚みが極端に薄いところがあったりして
ナカナカの難易度だった覚えがあります。
特に肩の2節目は接着面積が小さく直ぐに割れていたような。
いやーそれにしても素晴らしい仕上がりです。

ゾックのよさ

treasureさん,完成おめでとうございます。旧キットのゾック、でかくて迫力ありますよねwHG積んでますがこの作品はHGのような精度で素晴らしいと思いました。デカールワークも良い感じで真似したいと思いました!

No title

丁寧に作られた、きれいな作品ですね。
色もまさにゾックのイメージぴったりです。
ガンプラブームの頃、こんな風に作れるようになれたらなぁ、とあこがれた
仕上がりそのものです。

No title

>プラモ恐怖症さん

おっしゃる通り、腕と肩の合わせ目は薄いところがある上、全然合いませんでしたし、合ったと思っても割れてきたり。おまけに薄いので、プラ板で裏打ちしてあります。

やっぱり旧キットは合わせ目消しが修行のようになりますね。

>iiba玉造マスタさん

ゾックは値段からすると、確かに迫力ありますね。友達のお兄さんとか年上の人たちが作っていたのを覚えています。PC化以外は手を入れていませんので、もともと良いキットなのだと思います。作ってよかったと思います。

>KT@HGUさん

色は皆さんにお褒め頂いているので、理想の色になっているのかな〜 と思います。
ガンプラブームの時、私もどのキットも上手く作れなかったですね。なので、今なら上手く作ってあげられるという思いは強いです。

この思いが強いので、積みも多いです。

No title

制作お疲れ様でした。
エントリーしたのを確認したとき、あ、同じキットだ。まずいと思ったのですが、やはり…丁寧な作品で…多分僕とちょっと違うキットなんだろうなと思うことにします(笑)
実は僕も最初可動域を広げようと思ったのですが、挫折して、キットをもうひとつ買い直しました。やはりちょっと違うキットなんでしょう(同じ)

No title

お疲れ様です。
ゾックは大変人気の作品ですね。
みなさんそれぞれの特徴があって、しこが踏めるゾック、
クスッとなってしまいました。
やはりそこには、素晴らしい工作技術とセンスがあるからこそ、
なせる業だと思います。
完成おめでとうございます、よい作品を見せてもらいました。

No title

作品を拝見させていただきました。
非常に美しい仕上げですね。
水陸両用モビルスーツはちょっとしたポーズもユーモラスで可愛いと感じました。

自分もゾックを作りたくなりました。
その時は四股踏みポーズを取らせるように改造します(笑)

No title

皆さんがおっしゃるとおり、惚れ惚れするくらいの
鮮やかなグリーンですね。とてもきれいです。
合わせ目消しが酷なキットだったのですね。
子どもの頃に作ったけれど全然気になりませんでした。
ただ、1/144にしては大きなキットだったということは覚えています。
上半身が重いはずなのに四股で片足立ちができるとは、天晴れです。
製作、お疲れ様でした。

No title

四股を踏むポーズ、ナイスですw。

皆さん仰っていますが、清潔感のある仕上げですね♪

自分だとここから派手に汚してしまいそうですww。

製作お疲れ様でした!

No title

treasureさんこんばんは!
塗装はホント綺麗ですよね!ゾックの緑って微妙なバランスの難しい色合いだと思うのですがこれはまさにゾックの緑そのものですね!
四股を踏むポーズも安定感があって可愛いデス!

No title

子供のころは許せなかったデザインとかが、アリにになっていく感じというのは私もわかる気がします。昔は興味がなかったキットなんかも手を出してしまったりするので。

表面処理も塗装もすごくきれいで、丁寧に作られたのが伝わってきますね。
個人的にはジオンマークの配置がすごく決まっててかっこいいなと思いました。

製作、お疲れ様でした。

No title

ヤバい、四股を踏む姿がカワイイ・・・これは作りながら愛着が湧くのが解ります(^^)
子供の頃は許せなかったデザインのくだり凄くよく解ります、ホントそうなんですよね。

関節のアップデートは勿論、基本工作もしっかり行われていて塗装も凄く綺麗です!
製作おつかれさまでしたm(__)m

No title

こんばんは、ご参加ありがとうございました!
一見「旧キット?」って見紛うくらい丁寧な仕上がり。
流石でございます!特に塗装に惹かれました。
落ち着いたグリーン、目立ちすぎないピンク、そして
インパクトのあるクローのイエロー、ホント良いです。
ちなみに僕は子供の頃、こういうイロモノが結構好きでした。
今でも変わってないですね~。
次回はスケコン、よろしくお願いしますね!

No title

>あひるさん

エントリーキットのかぶり、私も初めて旧コンにエントリーした時かぶりました。ガンダムは被るような気がしますが、ゾックでかぶるとは思いませんでした。あひるさんにとっては思い出深いキットなのだと思います。

可動域、私は塗装用に後ハメできれば良いと開き直っていたので、それがかえってよかったのかもしれません。


>ミスターブシドーさん

四股は最初から狙ったわけではなく、関節をPC化した後、可動域が頭のなかよりも広くなりそうだったので、四股を踏ませたら踏めたという経緯なんです。逆なんです。

他に手を加えるところがない分、合わせ目はしっかりと処理しました。円形なので少し苦労しましたが。。。


>よしごうさん

ゾックは地上では足に上半身の重量がかかるでしょうから、四股なんて絶対踏めないでしょうね。それを考えれば、ユーモラスかもしれません。当初は水中迷彩を考えていたので、今度は水中迷彩もできればよいなと思います。

ゾックを作るきっかけとなれば幸いです。


>ノラさん

>鮮やかなグリーン
ありがとうございます。当初は水中迷彩を施したかったのですが、失敗を恐れて止めました。

足と本体の接続部分は、思い返すとPCではなく、BJでした。そこそこ保持力もありますので、四股が踏めるのかもしれません。本体内部はフレーム構造になっていないので、それも四股が踏める理由かもしれません。


>ピカさん

お褒めの言葉、ありがとうございます。近くで見るとまだまだアラがありますので、手を抜かず精進したいと思います。

汚し表現はやってみたいのですが、なかなか踏ん切りがつきません。塗装は奥が深いですね。

No title

>和茶さん

塗装は完成した直後の私の主観より、皆さんからのコメントを見て、この色にして良かったと思います。四股は意外にもこのゾックの特徴になっていて嬉しいです。


>園場成之さん

子供の頃は、やっぱり主役機か準主役機にしか興味ないですもんね。ゾゴック、ジュアッグを持っていた友達はほとんどいなかったと思います。

ゾックは球面が多いので、研磨作業に時間を取られました。終わったと思っても割れてきて、プラ板で裏打ちして再度研磨など。

ジオンマークのデカールは、ガンダム展で展示されていた大河原氏のイラストのマーキングを参考にしました。


>100kaiさん

今ではイロモノのキットのほうがカッコよく見えてしまいます。Zだとハンブラビ、ZZだとジャムルフィン、ガルスJとか。
今後も、基本工作は忘れずにしていきたいと思っています。完成させることも重要なので、バランスですね。


>mineさん

塗装は落ち着いた色にしようと思っていました。模型雑誌を読むと、フィルタリングという手法もあるようですが、私は基本の色にフィルターかける色(私の場合はNATOグリーン)をゾックのグリーン、ピンク、イエローに同じ割合で調色してみました。これがうまくいったようです。

写真撮影を考えないといけないですね。ピンボケしていますので。

スケコンも楽しみにしています。エリア88コンパもスケコン時期で良いかと思っています。

No title

皆さんがおっしゃっている通り、
塗装が綺麗で、表面処理等、見習わなければと
つねずね思うのですが、作り始めると
汚しに走ってしまいます。(笑)
製作おつかれさまでした。
コメントありがとうございました。

No title

完成ご苦労様でした。

ちょっと見ではHGUCか!?と思わせる外観と、四股を踏んだポーズでの安定性が見所かと、思わず見入ってしまいました。工作と塗装とスミ入れのバランスが上手くとれている点が効果的だったかと思います。

呪われてるの!?と思ってしまうような、製作中のトラブルはなぜか突然起こってしまうような気がしますが、意図せぬ偶然性が作品にプラスをもたらすこともあるかと思われ、そこが制作の味わいのひとつかも知れません。
だけど、思った通りに制作できる幸運に期待したいですね。
プロフィール

mine

Author:mine
「アカブの肉球」管理人

カテゴリー
最新コメント
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード