FC2ブログ

13 園場成之さん作品「1/144 量産型ゲルググ」

03010813-00.jpg
作品ページ

この作品への感想はこのブログ記事へお願いします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

完成おめ&乙です!(^-^)

園場成之さんこんにちは~(^-^)
そうですね当時はHow to Build Gundamの影響で
全国のガンプラモデラーがゲルググの鼻にパテを盛った時代でした(笑)
派手目な銀チョロが
如何にもHow to Build風で
当時がよみがえります(^-^)

シャア専用ですが、私も1/144のゲルググを作ったことがあります。肩アーマーが胴体と一緒になっているせいで肩があがらなかったり、手が大きかったり、加工されている通り、顔が横に広いくらいで、プロポーションは悪くなかったと思います。塗装ハゲの作例、確かに昔は多く見かけた気がします。全体的な雰囲気にあって、良い味ですね。製作お疲れ様でした。

No title

懐かしの『How to Build Gundam』掲載の、1/144ゲルググ・量産型カラー版のようなイメージが良かったです。『How to~』の作例は、元キットから結構イメージが変わっていたのが印象的でしたが、このゲルググを見ていて、改めて改修の効果を思い返されます。

『How to~』参考の改修に、ボールジョイントや手首パーツ、水性塗料アクリジョンなどの新たな素材が加わって、古典的だけど新しさもある旧キット改修の奥深さを感じられます。

No title

1/144ゲルググは顔がつぶれているとか、胴体が肩まで一体化していて
動かないとかで、あまり良い印象がなかったのですが、ポイントを押さえた
改修で随分変わりますね。園場さんの作品では関節まで作りなおしてポーズも
決まるようになっているので、結構良いキットのように思えてきました。
子供の頃に出来なかったことに再挑戦できる、これも旧キットを作る醍醐味
ですね。

No title

こんにちは。ご参加ありがとうございました!
これはイイ!ゲルググ、僕もファーストのキットは見れたもんじゃないと
いうのをどこかで見て、そうかな~、と思ってて、いつかは!なんて思ってる
だけの一人です。よくぞ完成させていただきました!
当時の製作を再現・・・旧キット製作楽しみ方のひとつでもありますよね。
仕上げもまたそそられる~。How to Build Gunmamを引っ張り出してきて
あれこれ見てしまいました。またファースト熱上がりそう!
こちらこそ感謝です!!
さて来年ですがスケコン、そしてガンプラコンパも考えてます。
ご検討よろしくお願いします!

No title

自分は、ジオンのMSでゲルググが一番好きなのですが、
当時はなかなか手に入らず、何件も店を回って歩いたのを覚えています。
そしてようやく手に入れ、組み立てたら「あらら」とガッカリしたことも。
それ以来作っていませんが、このゲルググはとても格好いいです。
まず、男前。そしてプロポーションもいい。肩アーマーも動く。
そう、旧キットゲルググって、園場成之さんのようにスキルが無いと
作ってはいけないキットだったんですね。製作お疲れ様でした。

>A'kkiyさん

コメントありがとうございます。

鼻を盛るのはわりと簡単なので、やっぱり当時チャレンジした人は多かったのでしょうね。

今回は当時、できなそうであきらめた足首の幅増しとかもできたので良かったです。

汚しに関しては今時の流行りではないし、あえてやらないのもアリかなとも思ったのですが、やってみて良かったです。

>treasureさん

コメントありがとうございます。

肩アーマーの可動についてはビームナギナタを両手で持って上に構えるポーズをさせたいけど、それをやってしまうと手と武器が離せなくなるし、片手だけ上に上げても自分的には嬉しくないと思って、当時は気にしないことにしてました。

今回はライフルを両手持ちできたらいいなと思いながら可動工作にチャレンジしたのですが、ちょっと届きませんでした(^_^;)

>kongdraさん

コメントありがとうございます。
パーツ形状をいじったのは顔と足首くらいなものなのですが、それくらいでも結構印象が変わるのが旧キットの面白いところですよね(^-^)

ボールジョイント等の埋め込みは固定モデルにするにしても位置調整がめんどくさいので、結果、可動モデルで組んでいるというのが、自分の最近のやり方です。

最近は便利なアフターパーツも充実しているので、良い時代になったなあと思います(^-^)

>KT@HGUさん

コメントありがとうございます。

客観的には旧キットの1/144ゲルググをこれから作るなら、MSV のジョニーライデン機の方がいいのでは?という意見はわかるのですが、なんとなくこのキットのネットでのイメージ悪すぎない?俺、当時そんなに悪い印象なかったんだけどさ、という気持ちがあって今回あらためて作ってみました。

仮組段階だと、思い入れがないと、まあ悪評も仕方ないのかなあとも思うのですが、ちょっといじっただけでも、結構満足できたのと、子供のころの自分のこのキットの評価がやっぱり悪いものではなかったのが確認できて良かったです。

>mineさん

コメントありがとうございます。

How to Build Gundam は当時も持ってましたし、再販時にあらためて購入したので、自分にとっては手本であり、基準みたいなところがあります。

普通は設定画が相当するのでしょうけど、一番目に触れている時間が長いので。

今回も楽しいコンパを開催いただき、ありがとうございました。

次回も参加できたらと思っていますので、よろしくお願いいたします。

>ノラさん

コメントありがとうございます。

パーツ形状としては、頭部と足首くらいしかいじってないので、やってみると、意外と簡単ですよ。

ポリキャップの仕込みはいつも悩むところですが、今回はパーツ固定用の軸の穴を拡げてそこに挿すといった感じで結構いけたので、意外と楽でした。

思い入れのあるMSとのことですので、機会があったら是非作ってみてくださいね(^-^)
プロフィール

mine

Author:mine
「アカブの肉球」管理人

カテゴリー
最新コメント
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード