fc2ブログ

07 へなちょこさん作品「1/100 シャア専用ザク」

k09-07.jpg
作品ページ

この作品への感想はこのブログ記事へお願いします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

みなさま、よろしくお願いいたします

今年も旧コンに参加させていただくことになりました。

ザクは、ひとそれぞれに好みのカタチがあり、そして様々なカタチが提示されてきたMSだと思います。
なので、旧コンへのザクの選択は少し勇気が必要な決断でした。
2ヶ月半の苦労が伴いましたが、結果的にそれなりのカタチにすることができたので、ホッと胸をなでおろしているところです。

ご感想、ご質問等々、ご気軽にいただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

No title

1/100のザクがこうなるとは!
作り手によって全く別物になるのを見ると、改めて旧キットの
面白さを感じます。頭部のアレンジや塗装の雰囲気はどこか
懐かしい感じがしますね。元キットよりも箱絵に似ているようにも
思います。

No title

■KT@HGUさん
コメントいただきありがとうございます。
腕や脚の幅ツメ幅マシのための「のこ入れ」は気楽に楽しく作業できたのですが
頭部は、カタチにできるだろうか、と心配しながら切断していきました。
アレンジというほどのことはできていません。
切ってながめてかっこよくなる方向性を探した結果がコレって感じです。
無難におさめることができてよかったです。

サムネイルの写真から、てっきりMGかと思いました。旧キットの醍醐味は、変なアレンジがなくて自分好みの修正ができるところですね。キットのままだと、膝からふくらはぎへのラインが変な感じですが、写真のシャアザクは自然で私の好きなシルエットです。製作お疲れ様でした。

No title

■treasureさん
コメントいただきありがとうございます。

> キットのままだと、膝からふくらはぎへのラインが変な感じ

その通りです!
このキットのプロポーションにはたくさん弱点がありますが、膝からふくらはぎ部分については、異常なほど小さく、巨大な足の甲との対比も相まって、非常に貧弱に見えます。
設定画通り、と言えばそれまでなのですが、どうしても手を加えたくなるところです。
どれくらい大型化すればいいのか試行錯誤でしたが、結果的に前後に10mmも幅マシしてしまいました。

旧キットとは思えないプロポーションですね。改修中の画像を見て、ポイントがよく分かりますが、工作は苦手なので、無理かと。(笑)ウェザリングもエース機ならではの汚れ具合で良く出来てると思います。制作お疲れ様でした。

No title

こんばんは、今回もご参加ありがとうございました!
(遅くなりスミマセンっ!)
隅から隅までなんちゅー大改修!幅詰めと延長のみ、て「のみ」の
レベルではないでしょ。
旧キット1/100ザク、キットのまんまでもかっこええやん、なんて
思ってましたが、素との比較画像でこんなんだったんだ、と思い
知らされました。
個人的には口と胸のあたりの形状が抜群にお気に入りです。
締め切り間近でしたっけ、画像見せてもらった状態からここまで
進められるとは恐るべし・・・さすがへなちょこさん。
このご時世難しいかと思いますが、また今度生で見させてください。
アカ肉コンパですが、これからも続けていくつもりでおります。
今後もどうぞよろしくお願いします。

No title

■トモ☆ペンさん
コメントありがとうございます。
>ウェザリングもエース機ならではの汚れ具合

素材の旧キットを生かす意味もあって、ディテールアップなし、スジボリなしにしたのですが、その反動でのっぺりした仕上がりになってしまいます。
なので、仕方なくウェザリングに頼らざるを得なかった、というのが実情です。
ウェザリング、難しかったです。

■mineさん
ども。
今回は締め切り余裕でクリア、とか思いながら作業していたのですが
時間読みの甘さゆえに、結局今回もぎりぎりになってしまいました。
最後のウェザリングが全然思うようにできず、やり直しの連続で
ギリギリセーフというよりギリギリアウトでした。
なので最後の1週間延長はありがたかったです。
おかげでウェザリングのリトライに時間をかけることができました。

改造作業もウェザリングも、今回も楽しむことができました。
ありがとうございました。



No title

このシャアザク、かっこよすぎます。濃い赤と薄い赤の色合いも凄くいいです。自分で作るときは、この色合いを目標にしたいと思います。ウェザリングやドライブラシも、作品を引き立たせる良い効果を出していると思います。素組との比較画像のおかげで、改修のポイントはよく分かりますが、これを見ても同じように仕上げられる自信が全くありません。このようなプロポーションに改修できるセンスがうらやましいです。

No title

■ノラさん
コメントありがとうございます。
ウォッシングすると色は大きく変化するので、狙った色をだすのはなかなか難しいです。
私の場合は、エアブラシ塗装時は濃い赤と薄い赤の色味を極端に離しておいて、ウォッシングによって様子を見ながら色味を近づける方法をとりました。
なので、狙った色ではなくて結果的にできた色、っていう感じです。
ウォッシングの経験を積んで私も色が狙えるようになりたいです。

No title

制作お疲れ様でした!!

いや~カッコいい!!
あの旧キットのザクがここまでカッコ良くなるとは!!
工作量も凄く多くて大変だったのではないかと思います。

僕も旧キットのプロポーション改修をするんですけど
いっつもバランスが破綻してしまって上手く行かなくて難儀してますが
凄く上手に纏まっていてどういう風に調整してるのか教えて頂きたいです!!

No title

■SHU1さん
コメントいただきありがとうございます。
プロポーション改修はいつも行き当たりばったりになりがちで、私も改修が破綻してしまわないか、冷や冷やしながら工作しています。
今回は特に頭部改修がひやひやしましたね。
なんとか収まってくれたのでほっとしました。

プロポーション改修は立体実物では把握しにくいこともあり、画像にして検討することが多いです。
今回のザクに限ってですと、まず目指すプロポーションを
ムック本「マスターアーカイブ モビルスーツ ザク」の設定画に定めました。

要所要所で、工作中の写真と設定画を同じ大きさに拡大縮小して比較検討しました。
改修後のカタチを紙に切り出して貼り付けて写真を撮ったりもします。
手足を胴体にくっつける角度も重要ですが、私の場合、不可動なので立ち姿が映える角度だけ意識すればいいのでラクな方かもしれません。

ということで、大したことはしておらず参考にならないかもしれませんが、こんなところです。
ありがとうございました。また次のコンパにお会いしましょう!
プロフィール

mine

Author:mine
「アカブの肉球」管理人

カテゴリー
最新コメント
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード